はじめまして。XM Magazine(エックスエム・マガジン)です。

初めまして。XM Magazine(エックスエム・マガジン)というブログを開設いたしました。
ブログの名前はXMに侵された頭で直感で決めたので、深い意味はありません…w

エージェントプロフィール

ネーミングセンスはさておき、当たり前ですが私もいちエージェントとして日々Ingressをプレイしています。
伊集院光さんのポッドキャストでIngressというゲームは知っていたのですが(この伊集院組、けっこういますよね)、なんとなく二の足を踏んでいて、実際に始めたのは2015年2月。
寒い中、訳も分からずチュートリアルをやったのを覚えていますw

そこからのめり込んで、2015年11月の3周年AP2倍キャンペーンでA16になりました。
16になってからは休憩を挟みながら、主に実績メダルの色を変えるためのイン活の日々を続けています。

アノマリーって、Ingressの○○○だ!

Ingressって、黙々とゲームにのめり込むこともできますが、ローカルのコミュニティに参加して他のエージェントさんと知り合ったり、協力してイベントを開催したり、自作でアイテムを作ったり、人それぞれ色々な楽しみ方があって本当に面白いですよね。

先日、アノマリーに参加するのに前乗りする時間がなかったので、普段あまり乗らない夜行バスに乗ったんです。そしたら、夜行バスって意外とサラリーマンいないんですね。若い子が多い。電車よりも運賃が安く済むのもあるかもしれません。あ、ちなみに僕、アラフォーですw。

その夜はどこかのボーイズバンドかタレントのライブがあったのか、フェイスペイントをしたりファングッズを抱えた女子高生がたくさん乗っていました。僕は、すごいな~。夜行バスに乗ってわざわざ追っかけに来てるんだなぁ・・・。と思いましたが、
そのとき気づいたんです。あ、僕も一緒だ、と。アノマリーって、Ingressのライブなんですよね。
普段は家でIngressのCDをヘビロテしてるけど、東京でIngressのライブがある!チケット入手!行くぜ~フェイスペイントするぜ~。リストバンドやTシャツも着て、光るうちわに「優志」って書くぜ~wって、まさにIngressの追っかけです。

ライブで聴くIngressは、メロディやテンポも少しアレンジされていたり、生だからこそのアドリブもあったりして、家で聴いてるIngressとは別物でしたが、僕はファン同士の熱気を感じてとっても楽しかったです。
こう書くと本当にアノマリーってIngressのライブだなぁ。

・・・音楽のフェスとかライブには大して行ったことないんですけどねw

よろしくお願いします。

こんな感じで日々Ingressを楽しんでいる僕ですが、もっと積極的にIngressに関わりたい、自分にできることをやってみよう、と思ったのが、ブログ開設のきっかけです。
まずは継続を目標に、エージェントの皆さんに「ほうほう・・・」と言ってもらえるような記事を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

Twitter で
はじめまして。XM Magazine(エックスエム・マガジン)です。