集中してAPを稼ぐ!キール型おかわり多重の作り方。

昨年に続き、今年も11/30までAP2倍期間に突入しました!
ということで、赤箱の肥やしになっているかもしれないウイルスを消化しつつ、多重をたくさん作ってAPを稼ぐ方法を紹介します。

キール型多重をたくさん作ります

「キール型多重」って、聞いたことありますか?「内部分割型」と呼ばれることもあります。
こんな形です。

keel_01

はい。何のへんてつもない、よくある形の多重ですね。
キール型多重は作る過程が違うだけで、完成した形はタケノコ多重と同じです。こちらのサイトで紹介されています。

キール型多重の作り方は、真ん中ラインからみて片方のCFたちを先に作ってしまい、最後に反対側の底辺からリンクを引いて多重を完成させる、というものです。
これとウイルスを使ったおかわりを組み合わせて、短時間でAPを稼ぎましょう!

向いている場所

実行するには、多少場所を選びます。多重CFが作れるポータル配置になっていることが最低条件ですが、さらに底辺のどちらかの頂点となるポータルの周辺に、同じように頂点にできるポータルがある場所が良いです。
例えばこんな配置です。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

当然ですが、ポータル間ができるだけ近いほうが作りやすいです。
真ん中ラインになるポータルは、アウトリンク数の制約もあるため7コ程度が理想です。今回ウルトラリンクアンプはもったいないので使いませんが、もし真ん中ラインのポータルを7コ以上用意できて、ウルトラリンクアンプを余らせているという場合はバンバン使ってください。
赤線で囲んだ部分のポータルは、自分のオーナーポータルしておけば気兼ねなく反転できますので、はじめは相手陣営色になっていればなお良いです。

事前に用意するもの

材料はコチラ。

真ん中ラインと底辺(片側)のポータルキー

下のステップ1の図でいうと、A、D、E、F、そしてB のキーです。
おかわりの回数分必要です。通勤通学などを利用して日頃から集めておきましょう。

相手陣営色のウイルス

自分がエンライテンドであればADA、レジスタンスならJarvisのウイルスを用意します。時間との勝負になるので、あらかじめカプセルから出しておきましょう。自分でキャプチャしたポータルをひっくり返すので、おかわりの回数分必要です。

ステップ1 片側を作成

keel_03

4重のCFで説明していきます。まずはこの形を作りましょう。リンクの順番は関係ありません。ポータルキーが少ないポータルからリンクを引くなどして、ポータルキーの在庫のバランスを調節しておくとよいです。
ここまでは手早く作ってステップ2に移りましょう。この状態が一番無防備です。特に真ん中ラインに味方リンクが飛んでくると修正が面倒になります。周囲の状況に応じて先にA-CまたはB-Cどちらかのリンクを引いておくのも手です。

ステップ2 外殻となるリンクを引く

keel_04

ステップ1からできるだけ早くA-C、B-Cのリンクを引いて、真ん中ラインをガードします。リンクはABCのどこから引いてもOKです。早めに引ける場所から引いてください。
頂点になる予定のポータル(G、H、I)は事前にキャプチャしておくのが理想ですが、味方リンクが飛んでくるのを防ぐためフルデプロイしないでおいてください。また、後で壊すのでお団子気味にレベルの低いレゾネーターを挿しておくのがよいでしょう。C、G、H、Iをキャプチャするときは、硬くても反転はしないでください。免疫がついて後で反転できなくなってしまいます。

ステップ3 多重リンクを引く

keel_05

底辺Cのポータルに移動し、真ん中ラインD、E、Fにリンクを引きます。キール型では真ん中ラインポータルのうち、頂点に近いものから順にリンクを引く必要があります。ここではC-D、C-E、C-Fの順です。間違えると多重にならないので注意してください。
引き終わったら、サイクルが1回完了です。

ステップ4 次のキール型多重の準備

keel_06

次の頂点になるポータルGから、頂点A、Bへリンクを引きます。配置によっては、G-A、G-Bのどちらか片方しか引けない場合があります。両方引ける場合は、G-Cの3本目も引いて多重を作りましょう。先にリンクを引いておくのは、できるだけ無防備になる時間を作らないようにするためです。
ただしポータルC-G間に距離がある場合は行ったり来たりが大変になるため、リンクは引かずステップ5に移ってください。

ステップ5 古い頂点の反転

keel_07

ステップ3で作った多重の頂点Cをウイルスで反転します。こんな形になります。

ステップ6 多重リンクを引く

keel_08

新しく頂点になったポータルから、ステップ3と同じようにリンクを引きます。G-D、G-E、G-Fですね。引き終わったら、サイクル2回目が完了です。

ステップ7

ステップ7以降は、ステップ4から6を繰り返し、ひたすらキール型多重を作っていきます。
頂点候補の最後のポータルまで使い終わったら、それも反転します。こんな形になります。

keel_09

ステップ8

最初の頂点ポータルCに戻ります。壊して再度キャプチャします。
そして、リンクを引いて最後のキール型多重を作成します。

keel_10

ステップ10

ポータルCはステップ5ですでに反転しているため、反転はここで終了です。
残りのポータルキーの状況によってさらにタケノコ多重を重ねたり、CFを作ります。真ん中ラインのポータルキーが余っているようなら、さらに反対側のポータルBに移動して、反転再構築という方法もあります。

ゲットできるAP・CF数

ポータル数にもよりますが、仮に真ん中ラインのポータルを7つ、底辺の基点になるポータルを4つ使えて、それをスクラッチから組んだ場合のAPとCF数は以下のようになります。

ステップ1~2
ポータルのキャプチャ 8個 14000
リンク 13本 4069
CF 6枚 7500
ステップ3
ポータルのキャプチャ 1個 1750
リンク 8本 2504
CF 13枚 16250
ステップ4
ポータルのキャプチャ 1個 1750
リンク 3本 939
CF 3枚 3750
ステップ3~4を繰り返し×3
ポータルのキャプチャ 6個 10500
リンク 33本 10329
CF 48枚 60000
AP計 133341
CF計 70

実際にはポータルを壊したりもするでしょうから、さらに上積みもできると思います。そしてAP2倍の今なら約30万AP以上を、物資と環境さえ整えば1、2時間で稼ぐことも可能です。

おさらい

もう一度最初からおさらいしてみましょう。アニメーションで振り返ります。

output_teuwqt

いかがだったでしょうか。
モリモリおかわりしますのでチームワークなIngressとはまったくいえませんが、AP稼ぎも醍醐味の一つです。AP2倍期間ですし、これくらい集中的に詰め込んでみてはいかがでしょうか。
寒くなってきましたので、風邪を引かないようにイン活をがんばりましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

Twitter で
集中してAPを稼ぐ!キール型おかわり多重の作り方。